電子書籍 4

Pocket

アマゾン・kindle版は本の表紙をクリックしてください!!

 

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第七巻

地球で男性として生まれかわったフヤナは、18000年ぶりに再び宇宙に帰還することになります。本来なら宇宙空間では男性は生き残れないのですが、高等生命体の科学力を借りて、地球の男性として初めて高等生命体の宇宙を訪れます。

広大な宇宙の中で同種族を探す冒険の旅は続き、巨大最高生命体様にその銀河の位置を教えてもらいながら、たくさんの銀河と平和に友好が進みます。また、新しく友好を結んだ種族たちは必ず大宇宙の外の大宇宙に招待し、我々の宇宙が終焉を迎える時のために、この大宇宙の外の大宇宙に移住できるように銀河も与えていきます。

フヤナは地球から宇宙に訪れる時は、毎回のように鉱物探査で友好に貢献して忙しく過ごしますが、さすがのフヤナも鉱物探査をしたくない時があります。すでに鉱物探査の技術を教えているにも関わらず、2400の銀河の鉱物探査をと言われた時は、つい目まいがして倒れますが、科学者が調べて身体に異常なしと分かり、おちおち仮病もできないと諦めます。

そして、こちらの宇宙では、競技の星も完成して、2万を超える大宇宙から代表が集まって競技大会が開かれることになります。競技種目には楽しい競技が多く、魚釣り・金魚すくい・綿菓子作り・ボーリングなども含まれ、みんなが大喜びをしていますが、フヤナたちにはなかなか競技への参加が許されません。さて・・どうなるでしょうか・・。

 

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第八巻

大管理者様の星では、フヤナが持っている最高生命体の2つの力:精神界の力と物質界の力を大管理者様とヤコフたち、そしてヒトラー最高司令官に授けます。また魂を大きくする方法もフヤナから教えられ、みんなが訓練に励みます。そしてその力を見せるべく、地球から闇組織の200人が第2の地球に招待されます。

同種族を探す旅も佳境に入り、最後の銀河では大戦争の真っ最中で仲裁するのに一苦労しますが、敵味方双方とも友好が結ばれ、平和に進化できるように大量の鉱物も与えて高度な科学を交換します。また、ウイルス攻撃で瀕死の状態の銀河から救済の要請を受けて、30億人の魂を再生することになり、225の銀河を救済していきます。

同種族を探す旅の後は、高等生命体を探す旅をすることになり、また大管理者様たちとフヤナの冒険が始まります。競技の星では大宇宙の外の大宇宙の銀河の種族も含めて、友好するすべての銀河の親善のための大競技大会が計画されます。第9章から第11章は火星・木星・ミヨコの星・大管理者様の星の部になります。

 

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第九巻

フヤナたちは、新しく友好するすべての銀河で鉱物探査をプレゼントしますが、ほとんどの銀河が鉱物探査で苦労しているので、お礼に何千という銀河がフヤナに贈られてきます。贈られた銀河も鉱物探査をするので、フヤナたちは激務の連続で疲れがなかなか回復しません。

特に脳の疲れを取るのは大変で、やっと科学者が新しい鉱物で回復の速い機械装置を作ってくれます。また贈られた銀河に配置される最高指導者を探すのも大変で、毎回頭を痛めていました。そこへ最高指導者や船長になりたい者を探してくれる一人の科学者が現れて、何とか頭痛の種も解消されてほっとします。

科学の星が作られることになり、各銀河から科学者たちを常住させて、3万以上の銀河が結集して科学の研究が行われます。科学者たちは鉱物の心配もなく研究ができるので、凄い速さで科学が進化して行きます。

競技の星では、5万の銀河が参加して競技大会の予選が行われますが、フヤナたち審査委員はなかなか競技に出られません。審査委員たちは面白くないので、フヤナのおもてなしで美味しい食べ物が振る舞われます。ところが宇宙食しか知らなかった宇宙人たちは、審査よりも食べ物に夢中になってしまい、食べすぎては交代で細胞再生装置に行くはめになります。大管理者様や最高指導者様たちも競技を楽しんでいますが、大管理者様が3つも競技に出ていることが分かり、控えめにしていたヤコフが怒って、出られる競技にすべて出ると言って意気込みます。

特別篇「大管理者様の星の部 フヤナ11歳」は、ブログに2部構成で掲載されたものを特別編として分けたものです。この特別篇は宇宙に行ったばかりのヒトラーが国王になり、最高司令官の地位をいただいて、ヘルマンやフヤナのお父様と第2の地球で再会する話など、フヤナ11歳の頃のお話が続きます。



コメントは受け付けていません