電子書籍 5

Pocket

坂本廣志の電子書籍はこちらから:

 

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第十巻

大管理者様と友好するすべての銀河が新しい進化の段階へ進みます。120億光年離れた銀河では、鉱物が原因で争いが絶えない2万以上の銀河を支配から開放して行きます。この出来事がきっかけでフヤナの銀河に宇宙の防衛拠点が作られて、この開放に貢献した21人の最高指導者様たちとともにさらに多くの銀河を開放して行きます。またウイルス攻撃されて瀕死の状態だった3つの銀河も再生して、肉体を失って弱り果てている多くの魂に魂のエネルギーと肉体を与えて生き返らせます。

各種族には巨大最高生命体様が配置され、中等生命体の銀河も高等生命体の銀河に押し上げて進化を加速させます。科学の星では多くの銀河から科学者たちが集まって共同で研究できるようになり、大きな銀河団単位で、防衛の星や科学の星や競技の星が作られて行きます。

大きな銀河団にも個性があり、その地域ゆえの独特の進化が起こることがあります。120億光年離れた銀河では種族を超えて、もの凄い数の銀河で同時に進化の加速が起こり大騒ぎになります。様々な要因が複合的に作用していることを、過去の資料も集めて調べますが、今までこのようなことはなかったので、みんなが戸惑ってしいます。

フヤナの登場で、昆虫系の種族や爬虫類系の種族も他の種族と違和感なく友好できるようになり大喜びします。凄い数の銀河の種族が平和に友好でき、いままでにない宇宙交流が実現して行きまが、平和な友好の背景には、フヤナたち11人が中心となって「友好の証」としてプレゼントする何百日にも及ぶ鉱物探査という多大な貢献があります。これなくしては、宇宙のさらなる進化も平和な友好も実現しなかったでしょう。

 

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第十一巻

大きな銀河団単位での開放が進み、100億光年離れた銀河でも鉱物探査をして、多くの魂の蘇生をして行きます。そんな中で地球で助けた元大魔王の科学者たちとも再会を果たします。星流しになった魂たちは、大宇宙の外の大宇宙に行く研究をしていたものが多く、蘇生されて大宇宙の外に連れて行かれた時には、自分たちがどれ程怖い科学の研究をしていたかを初めて知ることになります。自分たちがなぜ星流しにされたのかも理解できるようになり、最高指導者様とのわだかまりも溶けて行きます。

ある銀河ではいつの間にかインプラントが埋め込まれていて、遠隔で反乱を起こすようにされていました。さっそく埋め込んだ種族を制圧に行きますが、捕虜にしたものも最終的に助けて友好を結び、新しい進化のための環境を与えます。またウィルス攻撃で瀕死状態になっている遠い銀河から、フヤナの救済を求めてはるばるやって来る種族もいて、宇宙の隅々までフヤナたちのことが知れ渡っていることに驚きます。

数百日にも及ぶ鉱物探査の途中では様々な出来事も起きてきます。探査銀河の近くの銀河で争いが起こることもあり、駆けつけてみると友好を先に結んでいた種族の方が悪かったことが分かり、フヤナたちが中立の立場で公平に仲裁できることが証明されます。大管理者様も大変喜ばれて、全権大使としてのフヤナたちにさらに全幅の信頼が置かれるようになります。

全宇宙を平和に安全に進化できるようにと、壮大な計画を抱いて大管理者様やフヤナたちの奮闘が続きます。

 

坂本廣志と多くの宇宙人たちとの交流体験 第十二巻

2000離れた大宇宙から想像を超える攻撃を受けた銀河があり、その4500の銀河の最高指導者様たちを連れて、10万隻の巨大戦艦で2000離れた大宇宙まで攻撃に行くことになります。よく調べていると、攻撃してきた種族の最高指導者様がワームに感染したことが分かります。

またウィルスで瀕死状態の銀河から救済要請が来て、フヤナにとっても初めてのウィルス菌で、調べてみるとなんとフヤナの血液がそのウィルスを食べて無害にしていました。20の銀河を全て救済した後で、このウイルスはフヤナの抗体を知っていて作られていて、フヤナを殺そうと罠を仕組んだことが分かります。

この大宇宙を1000の地域に分けて、平和に友好を進める計画を立てていますが、なかなか時間と労力がかかります。自分たちを「食人種」のように思わせて、恐怖を与える作戦をとって、上手く友好に成功するのですが、フヤナにすれば生存権をなくした相手さえも救うために演じていることなので、自分が「食人種」だと誤解されていることには複雑な思いを抱きます。恐怖の映像も作って配信することになり、協力してもらう銀河からはさらに怖い映像に作り変えたものが送られてきます。それを見て大管理者様の提案で、競技の星での競技種目に取り入れられることになります。

いよいよ大宇宙の壁にも超亜空間トンネルを設けて、1万離れた大宇宙まで航行できるようになり、その事で亜空間に閉じ込められた多くの巨大最高生命体様たちや多くの魂たちも救うことができます。さらには隣の究極の生命体様の巨大宇宙にも行くことができ、また神様の異次元宇宙にも訪問します。



コメントは受け付けていません