• タグ別アーカイブ: home
  • HOME

    ブルー種族の宇宙人のイラスト by kumako

    宇宙人との交流の始まり

    坂本廣志(宇宙名:フヤナ・287)は4歳の時から宇宙人と交流が始まり、現在まで続いています。その間に宇宙と地球の両方での生活を繰り返しながら、多くの宇宙人種族と出会いました。その書き尽くせないほど膨大な宇宙人との交流の記録の一部をブログで紹介しています。

    18000年前にフヤナはこの地球にやって来ましたが、もともとはこの宇宙の生命発祥の銀河に生まれました。故郷の銀河では伝説に残る大管理者として慕われていました。その銀河が超能力を進化させていた中等生命体の種族によって侵略され、ほとんど存続できない状態まで破壊されてしまいました。高等生命体の大管理者だったフヤナは、その宿敵の種族を追いかけて、魂のままで地球までやって来ました。

    宇宙ではそれまで女性でしたが、地球では男性に生まれ変わり、転生の度にその宿敵の種族に殺され続けるという、壮絶な戦いを繰り返しましたが超能力を磨いて、ついに最高生命体と同等の能力を開花させることができました。さらに地球の先住民である最高生命体の竜神様からフヤナの脳に入れられた最高生命体の知識を、宇宙にいる高等生命体の宇宙人たちの脳にもコピーすることで、宇宙人たちも高等生命体から最高生命体まで進化できるようになりました。肉体を維持したまま最高生命体の知能(知能指数1000万)まで進化したことは前代未聞の出来事で、これを契機に飛躍的な進化が始まります。

    フヤナが地球で培った鉱物探査の能力が役立って、特に鉱物探査では進化が停滞していた宇宙では計り知れないほど多くの未知なる宇宙の扉を開いて行きます。今では肉体を維持したまま科学を進化させて、始まりの宇宙まで帰還することができています。高度な科学を持ちながらも、科学を物理次元に還元することなく無機質のままで存在している宇宙すべてを、究極の科学を体現した物質宇宙へと進化させるために、フヤナは常に貢献し続けています。宿敵であった宇宙種族も宇宙から完全に抹消され、地球での任務は終わりました。

    しかし、この地球で初めて男性として生まれ代わり、宇宙でも稀な男性として誕生したフヤナは、自分の故郷は地球だと感じて、少しでも長くこの地球に滞在したいと願っています。現在、世の中で流布されている宇宙や宇宙人に関する情報はほとんどが偽物です。宇宙には宗教もなければ、人間が考えているような神様もいません。人間を進化させないように、本当の宇宙のことが分からないように目隠しをされて来たのです。